色々考えて自己解決の繰り返し

世の中、不可思議な事だったり不可解な事だったり色々と有るものですが、何でもかんでも気にしてたらキリがありません。中には、どうしても気になってしまう事ってどうしても出てくるものですが、そういう事に時間を使っていたら、一日なんてあっという間に過ぎてしまうものです。

色々と考えてしまうような気になることを一通り調べて答えを見つける事が出来れば、それで解決ですが、まあ、そこまで具体的にわからなくても良いような事は、自分の中で答えを仮定して、それが、そのうち実感できるきっかけがあれば、また答えとなる事も多いものです。

そんな考えやら自己解決に至った内容やら書きつつ、時には、マジメに気になる事について調べてみたり、その解決方法を紹介なんてしていく事が出来れば良いかなとざっくり考えています。

ヘルペスの再発を防ぐバルトレックス

ヘルペス治療の薬と言えば、抗ウイルス薬のバルトレックスがすぐに思い浮かびますが、特に感染割合の多い口唇ヘルペスは、再発を繰り返す事で知られています。なので、再発してから飲んでは手遅れというか、結局、くちびるの周りにヘルペスの発疹が出来てしまいますよね。

そこで、兆候が現れてきたら、早めに対処する事で発疹が出来るのを防ごうと思っても、今度は、病院で処方してもらえないという部分があるようです。

症状が現れていないので診断のしようがありません。
その辺、既に何度も通っている病院なら事情を理解して、上手くやってくれるかもしれませんが、それ以外の場合だと全額自己負担での購入となるようです。

結構高いバルトレックスを全額自己負担は、手痛い出費ですが、海外から個人輸入すれば割と安く手に入れられると知りました。こういう再発を繰り返す感染症で予防の意味合いが強いものは、やはり海外から取り寄せが手っ取り早いなと改めて思いました。

口唇ヘルペスはかさぶたになってもうつる?

口唇ヘルペスは、症状の段階が大きく分けて4つあるそうですね。最後の段階は、水膨れが無くなり、かさぶたになっているそうです。どんな傷口でも、かさぶたになったらもう大丈夫と言うイメージがありますが、口唇ヘルペスの場合はどうなのでしょうか?

個人的には、口唇ヘルペスは他人にうつらないよう、配慮しなければいけない病気ですが、かさぶたになったら流石にもう大丈夫だと思いました。そこで、その点を色々と調べたところ、やはりかさぶたの段階になったら、もう他人にうつる心配は無いとのことでした。

つまり、皿やコップを共同使用したり、ペットボトル飲料を飲み回ししたりしても、大丈夫なんですね。ただし、肌の抵抗力が弱い赤ちゃんとかとは、一応まだしない方が良いとのことでした。もちろん、キスもNGです。

ただし、かさぶたになっても、再び症状がぶり返すことはあるため、発症者は未だ注意すべきとのことでした。

具体的には、かさぶたを剥がして、傷の中身を晒さないようにするんです。もし、剥がしてしまった場合は、血を綺麗に拭った後に再び専用薬を塗る必要があるみたいです。かさぶたが剥がれた跡に薬って、絶対に痛いと思います。

なので、多少煩わしいですが、口唇ヘルペスのかさぶたは剥がさないようにします。

口唇ヘルペス

膝の調子が気になるので

膝の調子が悪い、特に右膝の痛みを感じるようになってきました。その上、右足首もなんとなく調子が良くないのですが、将来的には、変形性関節症などにならないかと不安はよぎるものです。

そこで、関節に必要な栄養を取り入れる事を考えたのですが、やはり、そうなると食事よりもサプリメントが妥当な手段なのかなと思います。

探してみると、関節痛予防に効果的なサプリメントには、色々な種類があります。
中でも、グルコサミンやコンドロイチンが良さそうですが、他にも、ヒアルロン酸やコラーゲンなどもあります。

いずれにしても、ムコ多糖類の成分が良いという事ですが、そもそもムコ多糖類のムコとは、動物の持つネバネバ成分という意味があるそうです。その意味からしても、同じ動物である人間にも共通して必要性の高い成分なのかもしれません。

ドクターズチョイス グルコサミン

日記