痩せたら人相が変わったかも

食生活を意識して変えてその生活にも慣れてきたら、やっぱり、体重も落ちて体脂肪も少なくなっていました。食事制限すれば、まあ体重が落ちるのは当たり前ですが、それでいて、空腹感も少なく身体が辛いという事もありません。

むしろ以前より身体が軽く、疲れてくると身体の節々が痛くなってくるという事も少なくなった気がします。食べない方がスタミナがあるというのも、今では、納得できる気がしますが、変化は、やはり顔にも現れていました。

確かに体重は落ちたものの、顔つきは、以前のままなのかなというのが自分としての印象だったのですが、髪が伸びてきたので美容室でカットしてもらいに行ったとき、鏡に映る自分の顔を見たら、以前よりスリムになっているのは明らかでした。

以前は、なんとなくぷっくりと肉が残っていた部分がシャープになり、談笑していて笑う時の顔つきも以前より人相が良くなったかなという印象です。

これで、美容師さんが気付いてくれれば、それが一番の変化を実感する所というのが、良く有るエピソードですが、先にネタばらししてしまったので、その実感は残園ながら有りませんでしたが、自分で鏡越しに確認してその変化を実感できたのは、やっぱり、一番納得できる変化ですね。

ただし、私の今の体脂肪は、結構低い値になってきているので、平均的で健康的な体つきからしたら痩せすぎになるのかもしれませんが、以前と今との人相というか表情を比べると、今の方が明らかに良好です。

実際には、平均的な話での痩せているなので、更に痩せている人もゴロゴロと居ると思うので、そういう人と比べたら普通に近いと思いますが、痩せ方によっては、栄養もままならずガリガリに見えてしまう事がありますから、そうはならないように、食事もそうですが運動も継続して行っていきたいなというのが率直な感想です。

全く食べない生活をしている超人の中には、トレーニング無しで山登りもいとも簡単にこなし、海外でもそうして山を登って、卓越しているハズの現地ガイドを置き去りにする程という人も居るようです。

さすがに、そこまで超人になろうという魂胆は、全く持ち合わせていませんが、食事量を抑えつつ、それでいて体力も維持できていれば、それが一番身体も軽く、生活を送る上でも楽な体型なんだなと素直に思える今日この頃です。

日記