ホテルの予約は朝食無しで選ぶ

ホテルに泊まるときの楽しみの一つと言えば、朝食という方も多いと思います。色々な食材が並んでいて、それらをビュッフェ形式で自由に食べられる。なのに、そんなに高くない値段で利用できる。

私もビジネスホテルに宿泊する度に食事付きで予約する事も多く、食べに行っていたものです。その理由は、普段はあまり食べる機会の少ないものだったり、スーパーで買うときは、少し高くて買う機会の少ないものもあるので。

でも、食事量を意識的に抑えるようになり、朝は、食べない事も組み入れた生活スタイルに変更したら、それらが必要無くなってしまいました。なので、ホテルを予約する時も食事無しで選ぶようにしています。

その位、朝食べなくても平気な生活スタイルになりつつあります。

ただし、ホテルによっては、無料朝食のように宿泊予約の段階で付帯しているものもありますが、そういう場合に利用するとしても、サラダや果物など、軽めのものであり生のものなら、たまには、食べても良いかな程度には思いますね。

そういう無料メニューでも手作りパンなどがあり、ついついマーガリンを付けて食べたくなってしまうものですが、これこそ、一番の注意。乳製品の中でも、これ系は、有毒性があるので・・・。美味しいものには、毒が有るという感じでしょうか。笑

まあ、今までさんざん食べてしまったという事への後悔と浄化する為の期間として、食べないように意識していますが、あまり、根を詰めすぎるのも良くないので、程々にしたいところです。

でも、基本的には、食事無しが選べてその分割安になっているホテルを選ぶと思うので、そういう機会もこれからは、ない気がしますけど。

日記