音楽をデータで買うべきかどうか・・・

今は、邦楽を買うことが無くなってしまいましたが、時々、何か聴きたい曲がふと出てくる事があります。そんな時は、youtubeで探せば良かったりしますが、もっとちゃんと聴きたかったり、探しても出てこない時は、買うかレンタルするかになりますよね。

私は、最近だとアマゾンギフトポイントが貯まると、それを使ってデジタルミュージックを購入するのが基本的になってきました。正直、CDで買うのと同じくらいの価格だったりしますが、すぐに手に入るし、iPadに入れたりするので、どの道データで十分です。

でも、楽天レンタルというのも一つの方法です。
レンタルすれば、買い取りじゃない分、やすい金額で済みます。

1枚50円程度のレンタルか、アルバム一枚分、1,500円くらいもするデータを選ぶべきかと考えたら、安い方がお得な事に変わり有りません。

ただし、楽天レンタルって、結構、貸し出し中の場合が多い・・・。
ずーっと借りようとチェックしていたアルバムが全然借りられない状態。

そういう事も少なくないし、マイナーなアーティストのアルバムなどが無かったりするのも良く有る事なので、その辺を考えると、やっぱり、今すぐ手に入れたいと思っていたら安さよりも早さの方が確実なのは変わり有りませんね。

正直、レンタルできる状態になっているCDがあるのにアマゾンで購入してしまうのも、勿体ない気がしなく有りません。特に、いろんなジャンルだったりアーティストの音源を沢山聴きたい場合。

でも、その分の収入の一部がアーティストに行くと考えると、あまりセコい事も言いたくないなとは思うものの、この辺は、好きなアーティストならアマゾンで購入。
ちょっと聴きたい位なら、楽天レンタルなんて区別の仕方も早さとお得さのバランスなのかなーと考えたり。

何にしても、これからは、どちらを使うにしても邦楽より洋楽の方が気になる楽曲が沢山あるかなぁと思う今日この頃です。

日記