ネズミ駆除で色々面倒なら超音波

新築の家なら、まず問題ないと思いますが、昔の家は、良くネズミが出たものです。私の元々住んでいた家もそうでした。祖父が漁師をしていて、家の後ろの方が倉庫になっていて、その先にトイレがあるような家でしたから。

そこに裏口があり、いとも簡単に侵入されてしまいます。
でも、昔は、そんな家ばかりだったのではないでしょうか。

なので、当然のごとくネズミも居たものです。
そんなネズミを駆除するには、金網のかごにチーズなどを仕掛けて放置。後は、中に入ってくるのを待つのみ。これは、今でも駆除方法としてありますが、それよりも粘着シートで捕獲する方法が増えてきたかもしれません。

そんなネズミ駆除ですが、これらも粘着シートをいろんな所に設置しないといけないし、金網の場合は、カゴの中でネズミが生きている状態なので、処分に困るものです。

できれば、触りたくないという人も居るかもしれませんが、私もそんな一人。
実際にネズミの被害に有って駆除しているという人のブログなどを見ると、”害獣でしかないけど、ほ乳類だから殺すのは忍びない”と書かれているものもありました。

ネズミ自体、ホイホイと生まれてきますが、やっぱり、動物と思うとちょっと抵抗がありますね。
そんなネズミ駆除の煩わしさを解消できそうな方法として、今密かに気になっているのが超音波のネズミ駆除です。

その名前通りに超音波を使った方法らしいですが、ネズミの嫌がる音を発生する装置を使う事で家から追い出すという方法が取られていて、今、結構色々な種類が出ているという事を知りました。また、中には、効果が無かった場合に返金対応してくれる所もあるようです。(ごく一部ですが・・・)

基本は、家庭用の電源のコンセントに機器をそのまま差し込んで使うそうですが、屋根裏などに仕掛ける場合は、適宜延長コードを引っ張るなどが必要となるようです。

でも、その超音波は、ネズミにのみ聞える周波数なだけでなく、ずーっと聞える事でストレスを与えて、そこには居られないようにするのだそうです。この方法なら、粘着シートを設置したり昔ながらの金網のカゴをしかけたり、実際に捕まえたら自分で処分する必要もなさそうです。

日記